丸富製紙株式会社

なるほどリサイクル

牛乳パックをリサイクルするのはなぜ?
リサイクルするとどうなる?

  • リサイクルするとどうなる?
  • リサイクルの流れ
  • 牛乳パックが生まれ変わる!
  • リサイクルのための団体
  • リサイクルQ&A

リサイクルするとどうなる?

ゴミが減るのはもちろん、木を切って紙にするよりも使うエネルギーが少なくすむ。ゴミが減るのはもちろん、木を切って紙にするよりも使うエネルギーが少なくすむ。

飲み終わった牛乳パック、そのまま捨てればゴミになります。ゴミになれば、焼却するためにエネルギーが必要です。使われるエネルギーは石油や天然ガスなどの限りある資源ですから、大切にしなければなりませんし、焼却にはCO2が発生してしまいます。
そして、もともと木を原料につくられている牛乳パックからトイレットペーパーをつくれば、はじめから木を切ってトイレットペーパーにするよりも使うエネルギーが少なくてすみます。しかも、牛乳パックは繊維の品質の高い素材が使われていてリサイクルしやすいのです。
日本で使われる牛乳パックは年間で約45億箱、これらをゴミにするかトイレットペーパーにするかは、私たち次第です。

牛乳パックをトイレットペーパーにリサイクルするほど、CO2の削減につながる。牛乳パックをトイレットペーパーにリサイクルするほど、CO2の削減につながる。

牛乳パックをゴミとして焼却処理するとCO2が発生します。CO2の排出量を抑えるには、牛乳パックをリサイクルすることが有効です。もちろん、木からトイレットペーパーをつくるよりも、牛乳パックをリサイクルした方が、CO2の排出量を抑えることができます。その事実を数字から学んでください。

牛乳パックの数をかえてみてね

  • 牛乳パックを
    1個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    6個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    12個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    18個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    30個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    60個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    120個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    300個
    リサイクル
  • 牛乳パックを
    600個
    リサイクル

丸富製紙のクリーンな未来への取り組み!
牛乳パックの回収をスムーズに、みなさまの環境への思いをカタチに。

環境保全やCO2の削減を目指し、丸富製紙では牛乳パックをリサイクルしたトイレットペーパーをつくっています。
そして、その取り組みをもっと広げるために、牛乳パックの回収に力を入れています。
丸富製紙のリサイクル実操業データとしては、1日約500t以上の古紙原料を使用し、約19%の再生紙部門での生産シェアを誇っています。 また、より多くのみなさまに環境について関心を持っていただき、私たちのクリーンな未来のためにリサイクルの重要性を知ってもらうのも取り組みの一つです。

1日に作っているトイレットペーパーのロール数
約300万ロール以上
1日で使う古紙原料の量
大型(10t)トラック50台分以上
全国の家庭紙業界での当社のシェア
約14%
再生紙部門でのシェア
約20%
1年間に訪れてくださる工場見学者数
約3000人以上

リサイクルの流れ

牛乳パックの回収には、まず消費者であるみなさんがリサイクルをしなければと思う気持ちがスタートです。ご家庭でまとめた牛乳パックを店舗や町内会、学校、自治体などへ出すことで、回収業者等を通じ丸富製紙に届きます。

牛乳パックの流れ牛乳パックの流れ

牛乳パックリサイクルの流れ

牛乳パックはそのままでは回収できません、
家でやる準備があります。
さあ、リサイクルの準備はじめよう!

  • 準備
  • あらう

    飲み終わった牛乳パックを、キレイに水洗いします。

  • ひらく

    はさみ等で切り開きます。底は切り落とさず、残しましょう。

  • かわかす

    においやカビがつかないように、しっかり乾かします。

  • まとめる

    数枚まとめて、紙ひもでしばりましょう。

  • 完成

    ある程度まとまったところで回収場所に持って行きます。

  • 準備
  • あらう

    飲み終わった牛乳パックを、キレイに水洗いします。

  • ひらく

    はさみ等で切り開きます。底は切り落とさず、残しましょう。

  • かわかす

    においやカビがつかないように、しっかり乾かします。

  • まとめる

    数枚まとめて、紙ひもでしばりましょう。

  • 完成

    ある程度まとまったところで回収場所に持って行きます。

牛乳パックが生まれ変わる!

みんなの環境へのやさしい思いを、トイレットペーパーというカタチに!

丸富が他の製紙メーカーに先がけて進めてきたのが、牛乳パックのリサイクル。おいしく飲みおえた牛乳パックにひと手間を加え、地域で集めるというみなさま の環境への思いを私たちが受け継ぎ、トイレットペーパーというカタチにして社会に戻しています。明るいミライがクルように循環する、それが丸富のリサイク ルです。

丸富製紙のリサイクル丸富製紙のリサイクル丸富製紙のリサイクル丸富製紙のリサイクル
丸富製紙のリサイクル丸富製紙のリサイクル丸富製紙のリサイクル丸富製紙のリサイクル

トイレットペーパーをつくるときも、ゴミ0を目指して!
牛乳パックをトイレットペーパーにするときに出る余分なものも、ちゃんとリサイクル。トイレットペーパーをつくるときも、ゴミ0を目指して!
牛乳パックをトイレットペーパーにするときに出る余分なものも、ちゃんとリサイクル。

牛乳パックすべてがトイレットペーパーの原料になるわけではありません。生産工程ででる不要なモノも丸富製紙ではしっかりリサイクルしています。このようにゴミを一切出さない取り組みを「ゼロエミッション」といいます。

ゼロエミッションゼロエミッションゼロエミッション

ゼロエミッションゼロエミッションゼロエミッション

リサイクルのための団体

リサイクルでつながる、広がるネットワーク!リサイクルでつながる、広がるネットワーク!

丸富製紙では、牛乳パックのリサイクルや環境にやさしい取り組みをしている全国の団体、個人のみなさんとネットワークを結んでいます。

全国牛乳パックの再利用を考える連絡会全国牛乳パックの再利用を考える連絡会

牛乳パックの再利用を考える全国組織のネットワーク。牛乳パックのリサイクルに関する質問を受付けています。

グリーン購入ネットワーク(GPN)グリーン購入ネットワーク(GPN)

環境にやさしい製品やサービスの優先的購入を進める消費者・企業・行政の全国ネットワーク。

リサイクルQ&A

牛乳パックリサイクルの「?」に、お答えします!牛乳パックリサイクルの「?」に、お答えします!

牛乳パックのリサイクルでわからないことがあったら、何でもお気軽にご質問ください。すっきりするようお答えします。

牛乳パック何枚で
トイレットペーパーができるの?
牛乳パック(1リットルサイズ)6枚でトイレットロール1巻(65m)ができます。また、牛乳パック10枚でティシュペーパー(たて200mm×よこ230mm×400枚)を1箱分作ることができます。
答えは
クリックしてね!
牛乳パックを作るのに
木はどのくらい
使うの?
1リットルサイズの牛乳パック1枚の重さがおよそ50gです。20年~30年の立木1本の重さがおよそ50kgですから、牛乳パックが1,000枚と立木1本が同等になります。
答えは
クリックしてね!
トイレットペーパーの
1人当りの
消費量って
年間で何ロール
くらいなの?
日本では1人当りのトイレットペーパーの使用重量は7.55kgです。これをロールに換算すると、65mのトイレットペーパーで55ロールの使用になります。
答えは
クリックしてね!

紙のリサイクルについて知りたいことがあったら、質問を受け付けています!紙のリサイクルについて知りたいことがあったら、質問を受け付けています!

ここでは、皆様からの紙のリサイクルに関する疑問や質問をメールにて受け付けております。
なんでも遠慮無くご質問ください!
※ご質問内容によってはお答えできない場合もございますがご容赦ください。

タイトル*
質問内容*
Eメールアドレス*
お名前*

ページトップへ